納付の仕方

相続税は、被相続人が亡くなった翌日から、10ヶ月以内に納めなければなりません。一般の金融機関の窓口でも、納めることができます。わざわざ、税務署まで… More »

申告手続き

誰かの財産を相続することになった時、忘れてはならないのは、相続税の申告を行うことです。ただし、相続をした全ての人が、申告しなければいけないわけでは… More »

専門家に相談しよう

ある人が亡くなったら、その人が所有していた財産は、誰かが相続することになります。その時、相続される額によっては、相続税が課せられます。そのため、… More »

 

相談に行こう

ペン

自分が死んだ後のことは、できるだけ元気なうちに考えて、行動を起こすことが大切です。
遺言作成や相続税の節税対策など、生きているうちにしかできないことはたくさんあります。

遺言作成や相続税の節税対策は、専門的なノウハウが必要です。間違ったやり方で行うと、遺言が無効になったり、節税に失敗したりする羽目になりかねません。
「終活」を始めるには、税理士や弁護士といった、法律の知識を有する専門家のサポートを受けることが大切です。
それも、「遺言作成」や「相続」に詳しく、実績豊富な事務所を選ぶと良いでしょう。
そのような事務所の多くは、無料相談を受け付けています。無料でありながらも、60~90分程度の時間を取って、サポート内容や費用について説明してくれる場合が多いようです。

遺言や相続に関わることは、家族と相談したい場合もあるでしょう。また、終活をしたいけれども、高齢になっているため一人では外出しにくい人もいるかもしれません。
そんな時は、家族も同伴で相談に行くことをオススメします。家族と一緒に専門家のアドバイスを受けておけば、相続に関する不安をより解消できることでしょう。

生前贈与のメリット

はんこ

生前贈与には、相続税を減らすこと以外にも、次のようなメリットがあります。
●自分の死後、家族間で相続トラブルが発生することを防ぐことができます。
自分が遺言などを残さずに亡くなってしまうと、自分の財産は遺された者が整理することになります。
法律に基づいて、法定相続人にスムーズに相続できる場合は、トラブルになることはないでしょう。ですが、法律に基づく財産の分け方に、家族の全てが納得するとは限りません。その場合、遺産を巡って家族の間でトラブルになる恐れがあります。
生前贈与をしておけば、家族や親戚と相談しながら自分の財産を分配していくことができます。
身内だけでは冷静に相談するのが難しい場合は、税理士などの専門家に立ち会ってもらうと言いでしょう。相続に関するノウハウと豊富な経験を活かして、冷静な判断に基づく提案をしてもらうことができます。

●生前に財産を整理していくことによって、自分の意思に基づいて財産を配分することができます。
「死人に口なし」と言う言葉の通り、自分が亡くなってしまったら、自分の財産の分配方法に意見することはできません。
自分の希望にそって、親や親戚に財産を引き継がせたい場合は、生前贈与がオススメです。経済状況、家族構成、自分との親密さなど、様々な条件を踏まえながら自分の考えを反映させることができます。
もしも、自分の死後に家族や親戚が相続争いをするかもしれないと思うと、安心して余生を送ることができないかもしれません。ですが、生前贈与をすれば、自分の財産の行く末を見届けることができます。

生前贈与

青

相続税を支払うと、故人がせっかく遺してくれた財産が減ってしまいます。
できるだけ多くの財産を引き継ぎたい場合は、相続税を減らすための工夫をすることが大切です。
相続税の節税対策は、相続が発生する前に行うのがほとんどです。つまり、被相続人が亡くなる前に着手することが大切です。

相続税の節税対策の1つに、「生前贈与」があります。
生前贈与とは、自分が亡くなる前に、自分が持っている財産を誰かに譲り渡すことです。
たとえ生前贈与の場合であっても、まとめて一度に贈与すると、贈与税がかかってしまいます。ですが、1年に110万円までなら、税金が課せられません。
すなわち、早い内から年に110万円ずつ贈与しておけば、税金を支払わうことなく、財産を子どもや兄弟に引き継がせることができるのです。

ただし、生前贈与の額は1年当たり110万円以内にしておくのが良いと、一概に言うことはできません。
財産の額が大きい場合は、亡くなった後の相続となる財産を少しでも減らしておく方が良い場合があります。つまり、贈与税を払ってでも、できるだけ生前のうちに財産を引き継がせておく方が良いということです。
生前贈与の額を1年110万円以内に納めるべきかどうかは、相続税率と贈与税率、そして自分の財産の額を考慮して計算しなければ判断できません。
確実に節税するためには、税金の専門家である税理士に相談するのがオススメです。

なお、自分の死期が近づいた頃になって、慌てて生前贈与を行うのは得策ではありません。
自分が亡くなったとき、相続が発生してから3年以内に生前贈与した分は、「みなし相続財産」として相続税の対象にされてしまうのです。
相続税の節税対策は、早い内から行っておくことが大切です。