上手な残し方

誰にでも死は訪れます。死んだ後の事を考えておくことは大事です。遺言の作成や相続税の節税対策など、生前できることはたくさんあります。
相続税の節税対策には、専門的な知識が必要です。素人感覚で行えば、遺言が無効となる場合や節税に失敗することもあります。
そうならないためには、専門的な知識を持つ税理士や弁護士に相談してみることをオススメします。
多くの事務所では、相続税に関する相談を無料で行っています。時間も60分~90分程度のもので、多くの相談が出来る時間が設けられています。
相談には、個人はもちろん家族揃って利用する場合もあります。高齢のため活動したくてもかなわない人もいるでしょう。
無料相談は気軽に受けることができ、誰でも受けられます。気兼ねなく利用して、損のないような活動をしておきましょう。

生前贈与は、相続税を減らすことが出来ます。それ以外にもメリットが有ります。生前贈与をしておくことで、死後に親族間でトラブルになりません。
遺言を残さずに突然亡くなるケースも有ります。その時は、どうやって残った遺産を分ければいいのか親族間で争いが起きがちです。
生前贈与を行っておけば、自分の意思を貫き通して遺産を分配することが出来ます。
身内だけでは冷静に相談できない場合は、税理士など専門家に間に入ってもらえば、スムーズに行えます。
生前に財産の管理を示しておくことで、死んだ後も自分の思いを残った親族に伝えることが出来ます。

相続税を支払うことは、残された財産が減ることにつながります。なるべく多くの財産を引き継ぐためには、相続税を減らす工夫が大事です。
相続税の節税対策は、亡くなる前に行っておくことが大事です。生前贈与は、節税対策の一つであり、効果的な対策です。
生前贈与の場合でも、一度に贈与する場合は贈与税がかかります。でも、1年に110万円までなら税金が出ません。
それを利用して、年に110万円ずつ贈与していけば、税金を払うこと無く、財産を引き継ぐことが出来ます。

財産が大きい場合は、なるべく生前に財産を引き継がせておく方がいいでしょう。
生前贈与の額は、110万円が理想的だとは言えず、専門家の指導の元、的確な金額を出すといいでしょう。
自分の死期がわかった時点で、生前贈与をするのは得策とは言えません。その場合、相続から3年以内の生前贈与は、みなし相続財産となり、相続税の対象とされます。
相続税の対策は、生前の早い段階から行うことが重要です。

おすすめリンク

相続手続をスムーズに行なってくれるのは[相続手続き専門家ガイド~大阪編]

相続税の計算ができるのはこちら|スマート相続

何かと面倒な相続税については京都のこちらで相談しよう|京都相続支援センター

相続税の相談なら大阪のこちらがオススメです|相続税専門センター

相続のご相談は親身になって相談に乗ってくれる川崎のコチラへ|司法書士法人すえなが事務所